私たちの手で憲法九条を守りましょう

会報133号です

会報132号です

会報131号です

会報130号です

会報129号です

会報128号です

会報127号です

会報126号です

会報125号です

会報124号です

会報123号です

会報122号です

憲法記念日に配布するビラです

会報121号です

会報120号です

会報119号です

会報118号です

会報117号です

会報114号です

会報113号です

会報112号です

戦さある世にさせない 憲法記念日

会報です

第7回平和のつどい

憲法おしゃべりカフェのおしらせ

5月3日憲法記念日のビラを配布しました

4月23日(日)第7回平和を願う町民のつどい

12月8日は何の日? 今年配布のビラです

会報のバックナンバーをUPしました

春に2000万署名のとりくみをお知らせして以来、ホームページの更新をできないままで、申し訳ありません。

このたび、毎月発行されている会報の一部をまとめて公開させて頂きました。

ぜひ、ご覧ください。

 

みなべ九条の会 会報

「みなべ九条の会」会報87号

おまたせしました。

前田佳世さんご本人了解の上で動画をUPさせて頂きます。

ふたつに分かれています。


ビデオNO1はプログラムの4までです。

 

プログラムの画像をクリックすると

拡大してご覧頂けます。

11月30日(月)

昨日は多くのみなさんにご参加いただきました。

地元の新聞2社(紀伊民報・日高新報)が記事を掲載してくださいました。

動画での紹介は編集をしてUPさせてもらいますので、しばらくお待ちください。

 

2005年10月23日に結成した、「みなべ九条の会」です。

毎月のピースアピールや、さまざまな活動を積み重ねてきていますが、

このたび、その活動を報告させて頂く、ホームページを開設しました。

少しずつ充実させていきますので、どうぞよろしくお願いします。

 

戦争法案強行採決は許さない!! ピースアピール

ピーストーク&パレードin田辺に参加しました

戦争法案反対みなべ町緊急集会、しんぶん記事です

戦争法案反対みなべ町緊急集会のおしらせ

安保法案反対を意見チラシで訴えみなべの住民有志

8月9日付けの紀伊民報に掲載された記事です。

集団的自衛権の行使を可能にする安全保障関連法案に反対する、和歌山県みなべ町の住民有志が、法案成立に反対する意見チラシを町内の夕刊紙に折り込み、配布を始めた。
 同町の元南部川村議小川勇さん(86)、主婦の大江畿久代さん(84)、元同町議の山中邦夫さん(74)、イラストレーターの松下恭子さん(37)、元小学校長の平野憲一郎さん(73)の5人が呼び掛け人で実施した。
 チラシで法案の概要と政府が衆議院で可決した経過などを説明。「数にモノを言わす力によって『国民の声を聴く』という民主主義を根底から否定している」と政府の姿勢を批判している。賛同者30人の名前も掲載している。
 呼び掛け人5人は8日、同町の南部公民館で記者会見し「この法案が危険な戦争法案であることを町民に知らせたい、との思いで始めた。法案反対の世論づくりに役立てば」と話した。11日には町内全域で配布を終えるという。


◇7月16日、衆議院本会議で戦争法案が安倍政権与党によって強行採決されました。民意無視の強行採決を許さないと、9条の会の呼びかけ人のひとりである澤地久枝さんらのよびかけで18日午後1時に全国でプラカードをかかげましょうという提案がされています。

 

詳しくは澤地久枝さんのホームページをご覧下さい。

20代30代青年のおもい

4月26日に開催された憲法9条を語るつどいについて地元新聞に掲載された記事を紹介します。

会報第67号発行しました。

ぜひご覧ください。

12月19日(金)町議会で意見書についての報告と採択が行われます

「集団的自衛権行使容認に反対する意見書」について委員会での審査の報告とそれに続いて採択が行われます。午後(時刻は未定)ですが、可能な方は議場で見届けて頂ければ幸いです。結果についてはご報告させて頂きます。

12月8日、集団的自衛権ノー!町内を街宣でまわりました

学習会『集団的自衛権と平和』を開催しました

みなべ「九条の会」は118日(土)夜7時からみなべ町公民館視聴覚室で「集団的自衛権と平和」と題して白浜九条の会会員で元航空自衛隊員の渡邊孝さんを講師に学習会を開催しました。

 主催者世話人代表の柳田孝二さんの挨拶は34日で沖縄を訪ねた今の沖縄の状況の報告、まさに基地の島沖縄の現状と知事選挙の様子。そのあと、講師の体験をもとにしたお話。

 自衛隊生活と仲間の事故死のむごたらしいさま、戦後の日本の侵略戦争への歩みの中から、力と力では何も解決しないこと。国際連合脱退の時から世界の中に孤立していった日本の状況を考えると、真の平和は「外交努力」以外に道はない。他国の文化や歴史を尊重して相互理解を深める以外には平和はあり得ない。集団的自衛権を行使容認の是非より、集団的自衛権そのものを主張する限り紛争に巻き込まれる危険が極めて高いことを自覚するべきだ。と熱っぽく語られた。

 学習会には町外の川辺町から参加された方も含めて約60名の盛況さであった。

 この学習会はみなべ「九条の会」が全国の行動に呼応して来年の憲法記念日に実施される「憲法集会」と連動した取り組みです。みなべ町は53日が鹿島神社のお祭り「明神祭」のため52日に開催を考えています。

  QRコードです